異世界転生に備えて資格を取得する。

おっさんが資格試験を受けて落ちて爆発する話

第二種電気工事士 実技 受験記録(2021.7.17)

朝早くから電気工事士の実技試験のため、渋谷のフォーラムエイトに行ってきました。

 

以下、試験の流れとその感想。

 

会場到着まで

渋谷なので駅までのアクセスこそよいのですが、駅から会場へのアクセスはしんどい。道がわかりにくい、遠い、ではなく、人が多くて進みにくい。ただ、朝早いためかまだ人は少ないほうでした。

 

会場到着~入場締め切りまで

会場に着いたらとりあえずトイレへ。暑かったので行きの途中でコーヒーと水を飲んだため、試験前に3回もトイレへ行きました。フォーラムエイトは古いビルのためか、いまだにウォシュレットではありませんでした。会場は男性を中心に若いのからおじさんまで幅広い年代がおりました。中には女子高生や肩をざっくり露出したギャル風もいました。集中できないな…

 

試験準備まで

試験開始の約40分前に入場締め切り。注意事項の説明、問題用紙、実技試験用の材料が配布されました。まず、材料が説明書通りに入っているかの確認をするよう、指示がありました。日本のちゃんとした機関の行うことなので不備はないだろうとも思うのですが、万一不足があった場合、試験中に不足分の材料をもらうことは基本的にできません。なので、「まさか大丈夫でしょ」と思いつつもケーブルの長さまできちんと測りました。特に過不足はありませんでした。

 

試験開始~終了まで

40分一本勝負です。公表問題のうちのNo.11が出題されました。複線図を3分ぐらいで描き終え、練習したとおりにパーツを組み立てていきました。一通りの候補問題はこなしており、時間内に完成させられるようにもなっていたので、複線図の書き間違えや寸法の間違いがないよう、焦らず確実に進められました。30分ぐらいで完成。残りの時間はひたすら確認作業に充てました。

 

終了~退出まで

完成品にタグをつけ、会場内の列ごとに退出。完成品を試験官が確認し、黄色い退出票を渡されました。その退出票をまた出口にいる別の試験官に渡して退出完了。このプロセスの意味はよくわかりませんがそういうものなのでしょう。

 

感想

致命的なミスがない限り、多分合格!…と信じたいのですが、自己採点ができないのでどうしようもないですね。合格発表は8/20です。かなりお金のかかる資格試験だったので、合格を祈るのみです。

 

2021上半期のまとめ

今年も半分終わったので、実績をまとめてみました。

 

月日 試験名 合否 備考
1 1月5日 ボイラー2級 × 落ちた
2 1月17日 大学入試共通テスト 現代社会で80点以上とれたので合格とする
3 2月13日 第二級陸上特殊無線技士  
4 3月3日 ボイラー2級 再試験  仕事都合により断念
5 3月14日 丙種危険物取扱者  
6 3月28日 中国語検定3級  
7 4月18日 応用情報技術者試験 × 不戦敗
8 5月30日 第二種電気工事士(筆記)  
9 6月9日 第二級海上特殊無線技士 一夜漬けでクリア

 

残念だったこと

・ボイラー2級不合格

初っ端から出鼻をくじかれました。あと一問解けていれば合格していた、という非常に惜しい結果。悔しさのあまり3月の試験も申し込みしましたが、こちらは仕事の都合で断念。ボイラー2級の受験機会は多くあるはありますが、しばらく受けない予感がします。

 

・共通テストの点数が通訳案内士の科目免除に使えない事実判明

せっかく頑張って現代社会の勉強をしたのに、無駄に終わりました。

 

・応用情報技術、受験放棄

これは自分自身の怠慢もあり、予定の立て方に無理があったと反省しています。

 

良かったこと

・中国語検定3級 合格

上期にとったものの中では比較的うれしい方でした。ただ、語学系の資格は学力を維持するために学び続けねばならないのが苦しいところ。趣味的に「資格をとって、おわり」ではなく継続が重要という、マニア界隈ではコスパの悪い系統だと思う。ただし実用性の点においては語学資格は非常に有効。

 

・危険物(甲・乙・丙)コンプリート

眺めているだけで楽しめるプラスチックカードを入手。自己満足感がすごい…

 

 

下半期は今回の反省を生かし、計画(仕事とお金と時間の兼ね合い)を上手に立てて受験していきたいですね。

アマチュア無線4級と公害防止管理者に申し込み(2021.7.1)

新たに2つの試験に申し込みしました。

 

アマチュア無線4級

あまり興味はないのですが、無線従事者試験は資格の数を狙う場合には有効です。今回は特に、来年から本格開始するための予行演習という位置づけで、約100名を対象にCBT試験をやるとのこと。7/1の朝10時から受け付け開始となり、さっそく申し込みました。CBTSに個人登録し、空席を探したのですが、すでに土日は埋まっていました。人数も少ないので仕方ないですね、平日をおさえました。有休を申請して受けます。

 

公害防止管理者(振動・騒音)

これは今年で3回目。過去2年の試験にて部分合格しているので、今年が勝負です。法令をとれば合格です。今年落とすと一昨年前の部分合格が無効になってしまうので、焦りますね。いまだに試験料金が口座振り込みなのでアップデートしてほしいところ。試験日は10/3です。後述の通訳案内士の一次試験が9/26であり、日程がつまってて精神的につらいですね。働きながら2種の試験勉強を並行してやるのってしんどくないです?

 

今月はもう一つ、通訳案内士にエントリーします(7/19以降)。

合格通知 第二級海上特殊無線技士

二海特の合格通知が予定通り届きました。予想通り、自己採点通り、合格でした。

続いては免状の交付手続きをとります。

こちらもまた、郵便局にあれやこれやの印紙をはりつけたり面倒くさいですが。。。

f:id:tufuandyotsu:20210627000632j:plain

格通

そういえば、無線従事者の試験も来年度からCBT方式が導入されるそうで。

さしあたって試験導入として、アマチュア無線4級試験がインターネットを利用した申し込み&CBT試験を8月に実施するとのことです。

 

CBT試験へ移行するのは大賛成なので、ついでに免状の申し込みもインターネットで完結してくれると嬉しいのですけどねー。

通訳案内士試験、一般常識対策:市販の有望なテキストがなさげな話

通訳案内士試験のガイドライン変更により、一般常識の勉強を再び始めます。

まずは、試験範囲の確認です。ガイドラインをチェック。

 

V.一般常識筆記試験について
(1)試験方法
・試験は、現代の日本の産業、経済、政治及び文化についての主要な事柄(日本と世界との関わりを含む。)のうち、外国人観光旅客の関心の強いものについての基礎的な知識(例えば、試験実施年度の前年度に発行された「観光白書」のうち、外国人観光旅客の誘客に効果的な主要施策及び旅行者の安全・安心確保に必要となる知識、並びに新聞(一般紙)の 1 面等で大きく取り上げられた時事問題等)を問うものとする。
・試験の方式は、多肢選択式(マークシート方式)とする。
・試験時間は 20 分とする。
・試験の満点は、50 点とする。
・問題の数は、20 問程度とする。
(2)合否判定
・合否判定は、原則として 30 点を合格基準点として行う。


まず、観光白書をおさえろ、ということがわかりました。注意すべきは、試験実施年度の前年度発行の観光白書の中身が問われることです。なので2021年度の試験対策として、2020年度の観光白書を確認します。

 

観光白書を少しづつ読み進めていけば知識として身につくかもしれませんが、問題演習により理解を深めておきたいのです。何かよい参考書&問題集はないかと、ネットで探してみます。2021年以降の出版物に絞って探しました。通訳案内士の歴史、地理、一般常識の問題は難問奇問が多く、特に一般常識は試験の傾向が昨年ガラリと変ったためです。2020年以前に出版された問題集、参考書では今年以降の傾向をつかめないのです。

 

すると、唯一ひっかかるのが以下の書籍。第2版が2021年1月の出版です。楽天ポイントを使って楽天ブックスで購入しました。

 

で、こちらが目次です。おわかりいただけるでしょうか。一般常識のページは扉ページ含めてわずか16pです。観光動向と、国立公園、世界遺産のみです。

f:id:tufuandyotsu:20210621235215j:plain

目次

これだけでは、昨年の傾向を踏まえた試験範囲は到底カバーできません。試しに2020年度の出題分野に照らし合わせてみると、23問中9問のみでした。つまり、この本をよく読んで、チェックテストも済ませました~ぐらいでは、試験問題の半分も解けません。おそらく、出題範囲が観光白書全体であることを理解していて、それをすべて取り込むと本のページが多くなりすぎるので、これしかページを割けなかったのでは、と推測しています。

 

ただ、この本の名誉のために書いておくと、実務の章はきれいにまとまっていてよいと思います(他の科目と違い出題傾向にぶれがないためでしょうけど)。歴史と地理についてはコメントはしません。

 

そんなわけで、一般常識対策として現状有効な対策法は、「観光白書を深く読み込むこと」、これにつきると思います。

(悲報)通訳案内士のガイドライン発表、大学入学共通テストによる免除制度はないことが判明

えらいことになったもんです。

昨日、観光庁より2021年度の通訳案内士ガイドラインが公開されました。

今年から出願方法が電子申請のみとなりました。
試験参加者の中にはかなりご高齢の方もいらっしゃったと思われますが、
デジタルな手続きに難のある方は震えておられることでしょう。

 

ただ、それは些末な話。

今年の一番の改悪点は、
「一般常識科目の免除要項に、大学入学共通テストは含まれない」ということです。

 

どういうことかというと。。。

これまで(※):
センター試験日本史Bで60点以上

→通訳案内士一次試験「日本史」免除

センター試験現代社会で80点以上

→通訳案内士一次試験「一般常識」免除

 

今後:
・大学入試共通テスト日本史Bで60点以上

→通訳案内士一次試験「日本史」免除されない

・大学入試共通テスト現代社会で80点以上

→通訳案内士一次試験「一般常識」免除されない

 

センター試験の点数は5年間は有効なので、例えば2020年度のセンター試験日本史Bで60点以上を取得した場合、2025年までの日本史科目は免除になると思われる

 

私は昨年の通訳案内士試験で一般常識を落としたため、
・高校から卒業証明書を取り寄せ、
・東大に共通テストの願書を取りに行き、
・一般常識の問題集を解き、
・東京外大で試験を受け
・何とか80点以上とったのに、
すべて無駄になりました。トータルで17000円ぐらいお金もかけたんですけど…

 

一般常識の科目って範囲が絞りづらくて勉強の効率が悪いからこそ免除制度を利用して一次試験突破したかったのですが。今年も一次試験を受けることになり、今年の予定が大幅に変更です。

 

(追記しておくと、日本史の免除はまだ救いがあります。共通テストによる免除はなくなりましたが、日本史検定による免除はまだ残っているためです。)

 

むかついたので試験事務局に電話をして理由を問うてみたのですが、
「わかりません」で終了しました。そんな回答もわかっちゃいましたけどね。

第二級海上特殊無線技士 受験記録(2021.6.9)

先週の水曜日に有休をとり、第二級海上特殊無線技士、通称「二海特」を受験しました。会場は今年の2月に受験した二陸特と同じ、「TIMES24」でした。ゆりかもめテレコムセンター駅まで。到着した時には、すでに体はへろへろに。

 

と、いうのも資格試験初の「一夜漬け」を敢行したためです。仕事の忙しさとゲームの面白さに、また、二陸特の手ごたえからして「余裕だろ」という驕りからなかなか勉強に手をつけられなかったためです。あっというまに試験前日になり、最後の手段、一夜漬けの徹夜作戦決行まで追い込まれておりました。

 

勉強方法は過去問を解きながら間違えた箇所を参考書で補う方法で進めました。時間もなく、むしろこの手段しかありませんでした。「電波受験界」というサイトに過去問が数年分あったので、こちらをもとにゴリゴリと演習を重ねました。数年分解いていくと頻出問題があらかたわかってくるので、簡単に得点が上がっていきました。行けそう感が出てきたところで朝の4時。一夜漬けを宣言したもののさすがに寝たほうがよかろうってんで一旦仮眠、ベッドではなくソファーで眠ります。寝すぎて遅刻したらシャレにならんですからね。

 

テレコムセンター駅に到着後はコーヒーと野菜ジュースを飲んで眠気カットと栄養補給をしました。試験教室には9時ぐらいから入れたので、席について参考書をめくりつつ最終確認。周りには後ろを縛った長髪のおじさんが多かったのですが無線業界で流行っているスタイルなのでしょうか?

 

試験は一夜漬けの甲斐もあって合格点をとれた、という自信をもって終えられたのですが、試験前にトイレに行くのを忘れており、危うくもれるところでした。

 

試験会場を出たら天気もよかったので、お台場とは逆のコンテナターミナル方面へ散歩をして帰りました。日焼けした。

f:id:tufuandyotsu:20210614231422j:plain

ヒアリ